Return to site

Could Trump Make Skateboards More Expensive? (和訳)

Jenkem Mag

· Jenkem Mag,Donald Trump,Japanese

Words: Nic Dobija-Nootens

Translation: Nino Moscardi

トランプ大統領のせいで、スケボーが高くなる?

*翻訳の為に通貨価格と市場価格は日本の円に調整せずに資料記事が使うアメリカのドルのままである。

今年の一月に、ホワイトハウス報道官ショーン・スパイサーは、トランプ大統領が提案した国境沿いの壁をメキシコに支払わせるつもりだと推定では思われる、メキシコ製品に20%輸入税を掛ける事を考えてると伝えた。後から重大でないと彼は主張したが、輸入税の話になると,共和党員が税制改革の国境税調整(BAT) という議案に賛成する事を思い出すだろう。とは言うものの、BATとは、製造会社や代理店、ブランドやコアショップに衝撃を与え、消費者に市場価格を上げ、業界自体を変化させる物だろうと思われる。

まず、スケボーの価格に対してBATの影響を理解するには、製造工程の基本知識を持つと良い。地球上の殆どのあらゆるスケボーは、北米の五大湖地域原産のサトウカエデから始まる。ハードロックメープルことサトウカエデの丸太は、剝いでプライシートを切る為に世界中のスケートボード製造者まで運ばれる。それでプライを接着剤でくっ付け、デッキの形に削り、ヒートトランスファーと言う熱移動シートの使用で、供給するブランドのグラフィックを付ける事の全てが、製造者の役目なのだ。サトウカエデの近さを考えれば、昔のアメリカのスケボーカンパニーはアメリカ国内から製造を取り仕切る事は当然だと言える。しかし、80~90年代になって国際輸送と発送が安くなり、遠隔事業実施がさらに頼りになり、世界経済がよりグローバライズされるにつれて、アメリカのスケボー製造者は、より安い人件費や労務費を利用する為に業務をメキシコと中国に移動する事になった。

via dwindle distribution and DSM Manufacturing

PS Stixの設立者、ポール・シュミットとBareback Manufacturingのグラント・バーンズは、両方ともメキシコに拠点を置き業務を行っている。彼らによると、元アメリカ発のスケートボード製造会社が海外から業務を行う事になったとは、より安い人件費が主な理由である。アメリカ発の製造会社は、約15~20ドルの時給を提供するのだが、PS StixやBarebackの様なメキシコ発の会社は約4~5ドルの時給を提供すると、バーンズは計る。中国発の会社はさらに安くなると言い添える。

こう言った海外労務費の安さの利点と言えば、市場競争の激化だと思われる。製造会社はメキシコと中国で板を作るお陰で、経費を節減し利益を守ったままで、アメリカ製の板よりブランドに安く売れる事が出来る。シルクスクリーン印刷、カスタムシェイプや板に代替材料の使用などの追加注文によって卸売価格が大きく異なる事もある。しかし、メキシコ発のCinco Maderasと言うスケートボード製造会社を担当したジェイミー・トマスを含め、この記事の為に話した情報源によると、一般形の7プライ板の平均販売価格は、アメリカ製のが約16ドル、メキシコ製のが約14ドル、そして中国製のが約12ドルである。確かにデッキ1枚だと、僅かな差異だが一年に何千枚を注文するボードブランドにとって、1枚に2~4ドルの節約は、結果的にかなりの金額になって、国内か海外で作ってもらう重要な決め手となるだろう。

ここで、BATが登場となるわけだ。北米自由貿易協定「NAFTA」の現規定による、メキシコ製のスケートボードは輸入税の対象とならない。NAFTAに当てはまらない中国製のは、4%の輸入税の対象となる。BATが実施されるとしたら一般的にアメリカの会社に法人所得税率を現在の35%から20%まで削減し、同じ20%の法人所得税を輸入品に掛ける事になる。というわけで、BATはアメリカ製の板に課税せずに中国製の板に輸入税を増加し、メキシコ製の板に新たな輸入税を掛けるので、国内外製品の価格差を抑える事が出来るわけである。

BATは、デッキをサプライチェーン (供給連鎖) に辿ってみれば影響を理解出来るだろう。BATの規則によって、ボードブランドはメキシコ製の板に20%の輸入税を掛けて、もしかして中国製のはそれ以上掛かると予想される。つまり、ブランドは一枚に14ドルと12ドルを払うわけではなく、メキシコ製の一枚が約17ドルで、中国製の一枚が約15ドルとなる。

一般的に言うと、板がブランドに届いたら消費者が購入する道は三つある。コアショップやチェーンストアーなどの伝統的な小売商店、Eastern Skate Supplyの様なワンストップディストロという一ヶ所で様々なブランドを揃えてコアショップに売る代理店、それにウェブで消費者へ直販。小売商店とワンストップディストロの場合、大体一枚を約32ドル~37ドル位で売ると思われる。という事で、14ドルで一枚を買い、35ドルの中間価格で売るとしたら粗利益は21ドル、つまり60%の利幅である。しかしこの計算はブランド社員の人件費、物件費、及び他の営業経費を含めないので実際の粗利益は、より安いだろう。とにかくそう言ったBAT費用を賄いつつ粗利益を守る為に、メキシコ製の17ドルの板を一枚43ドルで売る必要がある。ボードが製造者から発送されたBATの増加する3ドルは、小売商店に届くまでに8ドルとなったわけだ。それで小売商店も、損を防ぐ様に平均50ドルの値段より高くさせらるという結果。

記事の研究の間、ジェイミー・トマスに尋ねたら、多くのブランドが既に始まった様にショップやワンストップディストロを通さずに消費者へ直販するのは、消費者の為に値段を抑える事が可能と伝える。「残念ながら小売価格の増加やブランドの予算の削減を避ける方法とは、より多くのボードをウェブで消費者に直に販売する事だと思う。そうすれば平均利幅が変わらないはず。」とメールで意見を聞かせてもらう。こう言った消費者に直販すると言うダイレクトセールスモデルを使用する事で、ブランドは約32~37ドルの小売商店に売る価格より、より高い約50~55ドルの価格で販売する余裕がある。

そうは言っても、BATによって消費者にスケボー価格の増加を避けようがないと、他に尋ねた人は殆ど言う。「業界的に値段が上がる事が必要となる。」とポール・シュミットは伝える。「利幅が安すぎる。デッキが50ドルの小売価格で始まったのは、1980年だ。それ以降変わってないとは言え、ハードロックメープルの材料は価格が5倍で上がってきたんだ。」

James Rewolinski and Labor Skateshop via The Green Zine

NYCのコアショップ Labor Skateshopの担当者、ジェイムズ・レワリンスキは、「BATがちょっと恐ろしい。」と気持ちを教えてくれた。それにブランドが値段を2~4ドルさえ増加すればショップも利幅を守れる様に現50ドルの価格を65~70ドルに増加するしかないと想定する。それにしてもレワリンスキによると、BATにも関わらず今の小売価格が上がりそうという変わり目は既に近い。「スケボー業界の小売価格の転換点だろうね。」とレワリンスキが言う。「BATは関係なく、50ドルで販売する今のままじゃ持続出来ないと思う。」

「USにはスケボーについて皆、変な固定観念を持ってる。」とレワリンスキが言う。「何であろうともスケボーの価格は50ドルから離れる訳にはいかない。手がつけられなくなってる。だってトップセラーのブランドは、40ドル近くで売ってるんだ。」一般的に言うと小売商店は、最低25%の利幅が理想的だが、コアショップは40ドルで入荷して、50ドルで売ると利幅が10%しかあるまい。「海外ならデッキは90ドル以上の価格帯になってる。」とレワリンスキが語る。「どうやって解決出来るか分からないし、自分自信で変えようがないけど5~7年後に50~55ドルの価格で板を販売する事は不可能だろう。」

板の価格にBATの影響

製造会社 ー ブランド ー 小売商店 ー 消費者

BATは、多くのショップが潰れる程ハードグッズの売り上げをコアショップから追い払うか、レワリンスキに聞いた。確かにその可能性はあると伝えるけど乗り越えられない問題な訳じゃない。「コアショップを省く事を避けようがないなんて残念だと思うよ。スケートショップって言う遊び場の愛着はまだまだある気がするけど。スケボーは、どうなってもそう言う所が生き残ると良い。なぜならスケーターはまだショップを大切にするからだと思う。」

トランプ大統領は、BATの動議を完全に支持するといっても、アメリカの貿易赤字の縮小と製造雇用の増加を支援する方法になるだろうと、多くの共和党員は思う。実際にアメリカ製造者の力になると言われるので、そう思うのが立派な事は確かだ。メキシコや中国の様に価格を増加させる輸入税なしで、より安い法人所得税から利益を得るだろう。だが、BATとは、40~50年前の製造業界の経営状況に復活させ、グローバルな経済に発生する問題を解く事が出来る奇跡的な物ではない。「競争力はあるだろうけどメキシコや中国と同じ様な価格で製造出来る訳じゃない。」とバーンズはBATの影響について聞かせてもらう。

レワリンスキは、Laborで売るデッキの約70~80%がメキシコか中国製の板だと見当する。BATのせいで、レワリンスキが板の値段を増加させられるだろうというものの、アメリカ製の板の価格を変えない義務を感じると説明する。お客さんは50ドルのアメリカ製の板か65~70ドルの海外製の板か選択するとしたら、より安いアメリカ製の板を購入すると、レワリンスキは予想する。時間の経過で今メキシコや中国製の板を使用するブランドは、減少する売り上げの結果でアメリカの製造会社に移動するとも思う。小規模で営業するPenn's Wood Manufacturingの設立者、ジョーに連絡してみたら様々なブランドがアメリカの製造会社を検討し始めてると言う話は、もう既に聞いていると教えてくれる。「普段取引しない多くの大手なブランドが、アメリカ製の使用が可能か相談しに来た事はもう数回あるよ。」とメールで説明する。

確かに製造会社には、依頼者の流入は良い事だと思われるが、レワリンスキによるとアメリカの製造会社が対応する事が出来るか不安となる。「メキシコと中国から製造業を取り戻すと言われるだろうけど、対応出来るインフラはもうないんじゃないかな?」。とは言っても、アメリカの製造会社は生産を拡大する余裕があると、Penn's Woodのオーナー、ジョーは思う。「アメリカの製造会社って3シフトに分けて24時間営業しないよ。生産を拡大する方法として効率的だと思う。」とメールで説明する。ただ、そう言った会社は未使用のプレスを持ってる訳じゃないとも、同時に認める。USから業務と共に雇用を海外に送らせ始めた30年以来、アメリカに残った製造者は営業と生産規模を縮めてきた。多くのブランドがアメリカ製造者に一気に頼むと、製造者は大量の仕事に同時に対応出来ない事もあるだろう。

via Penn's Wood MFG

海外製のスケートボードの様な輸入価格を増加するBATの使用は、確かに製造業雇用を増やしながらアメリカ製の板が市場の立場の力になるだろうが、その代わりにスケーターを犠牲にしてそうなると思われる。製造者が小売店を回避する様に奨励するわけで、BATはシーンを立ち上げるコアショップを危険にさらす原因となる。コアショップとは、多くのスケーターが繋がるところだけではなく、上映会や大会などのイベントを主催し、DIYスポットの出資者、そして困ってるスケーターに中古商品の提供者でもある。

この共和党員が支持するBATは、幅広いアプローチである。そうは言っても相互依存的な産業や経済には、器用と妥協を利用する必要がある。アメリカ人は電気製品、洋服、果物などのメキシコと中国製の安い価格の依頼が強すぎて、20%輸入税を払うか国内供給者に切り替える余裕がない。グラント・バーンズによって、「全ての輸入品に20%の輸入税を掛ける事は、生産レベルの変化だ。そう言う大規模な変化が小売レベルで、ある物には80%の物価上昇になるかもしれない。消費者が反対するんだ。スケーターにとって、幸運にもアメリカ人の海外製品の依頼が強いからこそ、トランプ大統領はそう言う輸入税の高いBATを可決する事が静止される可能性もあるだろう。「結局5%位の輸入税になると思う。」とバーンズは言う。「という事で、今コアショップで50~55ドルするデッキは、約52~58ドル位になるんだ。」と続く。ケチなスケーターとして俺も自分の為にもそうなると祈ってる。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly